2017年7月23日日曜日

洗顔。日本人の洗い方、台湾人の洗い方。

動物園のオランウータンが、人間のように顔を洗うという。
https://www.youtube.com/watch?v=OMFRZn6HpyA
手ぬぐいを濡らすと上手に絞って、それで顔を拭うのだ。
「飼育員がやっているのを見て真似をするように」というアナウンスで合点がいった。それは日本人のやり方だったからだ。



日本人は顔を洗うときに、手で水を掬って顔にあて、手を上下するようにして洗う方法が一般的だろうと思う。
台湾人は、まずタオルをおもむろに濡らして顔にあて、手の位置をそのままに、頭の方を動かす。
台湾人の元夫も義弟もその彼女も、朝、洗面所で顔を洗うときはその方法だった。
台湾のドラマでも映画でもそのように洗っている。
周りの大人がやる様子を見て、子どもはそれを真似をする。
くだんのオランウータンも、周りにいる大人(人間)がそうやるのを見て覚えたのだろう。

以前、台湾で勤めていた会社の社長から聞いた話。

戦時中、国際スパイが暗躍していた。
日本軍が中国スパイと思しき人間をとらえた。
なんとか口を割らせようとするが、よく訓練されていて流暢な日本語を話すため、
いっこうに埒があかない。
ある朝、スパイと断定した。
顔を洗うときに、頭の方を巡らせて顔を洗ったからだ。


ネットで調べて見たら、似たような話がヒットした。
中国スパイだったり日本スパイだったり。朝鮮スパイの話もあった。

スポンサーリンク




当たり前だと思っていることほど、違いを発見したときのカルチャーショックが大きい。
カルチャーショックを当たり前に感じつづけていれば、他者との違いを受け入れやすくなる。
日本人同士でも、そういうことあるしね。
「若いうちに海外へ行け」と言われるのは、そういうことなんだろうと思う。


台湾(海外生活・情報)ブログ


間諜
ㄐㄧㄢˋㄉㄧㄝˊ


スパイ